今こそ皆さんの力を美容組合へ!

いま 美容師免許制度が危ない!

あなたの美容師免許がただの紙切れに!!

現在、美容師として営業している皆様は、美容学校で勉強し試験に合格して免許を取り、お客様から「先生」と呼ばれるように社会的に尊敬される地位となっています。これは昭和20年代から美容業界の先輩たちが地道な努力を重ねて社会的信用を得た結果です。

しかし今、この免許制度の存続が危ぶまれています。規制緩和の流れに乗って「美容師免許を持っていなくても仕事ができるように」或いは「「美容師免許制度自体を廃止」という動きがでてきています。

もしそうなったらどうでしょう。想像してみて下さい。例えば高校を卒業したばかりの若者が「小さい頃から髪をいじるのが好きだった」という理由だけで、カットやパーマの仕事ができるのです。衛生や消毒法、モードの理論など何も学んでいません。そんな美容界になってしまったら永年つみかさねてきた業界の社会的信用はガタ落ちです。

この流れを喰い止めるにはどうしたらよいでしょう。美容業界は悲しいかな、個人業者がほとんどで、その声はなかなか行政には届きません。そこで大切なのは団結です。一人一人では弱い声でも結集すれば大きな力になります。全国20万軒の美容室の声を結集して行政へ届けましょう。それができるのは唯一美容組合だけです。

誰のためでもありません。皆さん自身の営業を守るためです。

今こそ 皆さんの力を美容組合へ!!